2008年11月12日

ネットを楽しむ

photo-45.jpg

人間はリンク(精子と卵子)によって作られ
世代はリンク(老若男女)によって過去と現在を語られ
そして未来へと繋ぐ・・・

ネットもまたその"リンク"(基本情報)によってなりたつ。
ネットから一瞬離れることは"何かが・・・"という気分にさせ
愚直にもこの感覚を楽しんだりする。
(不安にさせるのはアナログ時代の名残?)

が、ネット依存になってきた今日、"便利さ"の向こう側に
感性・感情など、人間的な本能・本質たるものが感じず
なんだか冷徹なものに向き合っているような妙な感覚にさせる。

流行の言葉よると、ネットに囲まれ、成長したものは
"デジタルネーディブ人"と呼ばれているそうだ。
なるほど、"テレビ世代"、"ゲーム世代"にもあったような代名詞ですかね。
時代がまた確実に進んだ。

それでも"人"たるものは、その本能・本質になるものをそり落すことはなく
"基本情報"真ん中に主人公としていなければ、成長があっても、継続は成し遂げず
新たな(人間)歴史が作れない。
と、考えたり・・・
posted by タツ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事