2022年06月02日

202110-2022-6:この半年くらいの流れ_2

北京点々

・30,000プラス数百キロ走った車のメンテナンスは完了(20220319)

・交通違反(駐禁)の罰金が支払った(20220321)

・知り合いが癌で亡くなった(20220322)

・堕落の道に走る"先進国"の様々。嘔吐するNATO & G7が集まり

 最後の狂暴なのか?

・西洋的な民主主義の価値観って、必要なのか?ただの洗脳道具ではないのか?


国内のCOVID-19の状況はそれほど酷くはないけど

スムーズにドライブできる感じがない。


●上海は陥落した。欧米式の防疫を模倣してみたが、失敗した。

それと、(個人的に)内・外含み政治的な何にかが見え隠れも気がするが・・・(20220403)


●ロウ紛争が続く。ISISに目に奪われ間に、

ナチスはアメリカのおかげでヨーロッパに復活したのか!!

"民主・自由・正義・公正"なんかは、まざまざ笑者になったよ。


民主主義はご自用、人権はご自用、自由・公正などもご自用。

それらを"自用"するため、殺戮は必要不可欠なのだ。


ロシアの最終勝利を待ち、資本主義の最終破綻を待つ・・・


良いニュースの少ない日々。

 C0VIDは世界的に続く。

 ロウ紛争が続く。

 ロウ紛争を延長させるため、欧米の武器商売が続く。

憂鬱になりそうだ。


上海の状況は少しだけは改善。

(個人的に)政治的の何にかがますます露呈される様相。(20220419)


民主+人権+公正=自由。綺麗な公式だね。


●北京もオミクロンに包囲された。自宅から150m離れた団地は隔離区になり、

外遊はますます遠ざかっていた(20220504)


●アメリカはロシアとウクライナでウクライナ人最後1人まで戦うつもりだ。

これはブラックユーモアだ。

COVID-19による第三次世界大戦はこのロ・ウ紛争で幕を降ろす

それまでアングロサクソン精英が口にする世界秩序も

再編されることになるだろう・・・(20220506)


●自宅のある地区も中度感染区になってしまった。隔離はされていませんが

エリアの出入りは健康コードの提示が必須。

後1ヶ月あまりで、涼しい山に移住したいが、さぁ・・・(20220512)


●"・・・もし、こちらの内容について意図しない挙動を行う記述があれば、悪意のある

第三者より何らかの手法でファイルの設置、もしくは改ざんが行われ、

不正アクセスの踏み台とされていることが考えられます。・・・"


と、契約しているサーバ業者からこんな内容のメールを届けられた。

なるほど、このごろWebもブログもアクセスができなく

メールもおかしくなっている。

さぁ〜、困った。(20220520)


●徐々に暑くなってきたね。北京のCOVID-19は収まる気配がなく、

祟礼も開放せず、山中に行けない。(20220522)


●アングロサクソンの大統領は日本に訪れ

1人の老人が世界に災難をばら撒いているけど・・・

なんだか墓の匂いがする。


●世界世論はウクライナに傾いているが

ロシアは着々と実利: その領土を小さくしている。


●祟礼の自宅に行く予定は遠ざかった。

そこにある冬オリンピックの選手村は

北京の一時隔離施設になってしまったためだ。(20220523)


●レンタルサーバ業者様のご協力で、ようやく問題が解決。

さあ、少しずつサーバの復活作業を始めよう・・・(20220531)


●しばらくはこのブログで続く・・・

posted by タツ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189575222

この記事へのトラックバック