2008年12月17日

ネットカンパニー

ネットバブルの1999年。
在職中にネットサーフィンで知り合った有志たちと
ネットカンパニーを立ち上げ
以来、約10年間の風風雨雨。

この間、政治と経済の浮き沈みと亡くなったメンバー、去っていたメンバー・・・
いよいよ、今年は最後のMTGをもって閉店することにした。
・・・。
posted by タツ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の部屋

2008年12月14日

ここまで来たかっ

photo-52.jpg

いよいよって感じですね。これ。

実物は見てないのはなんとも言えませんが
なんとなく使えるかましれませんね。
posted by タツ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるアイテム

2008年12月12日

夜中3時の月

photo-51.jpg

今年1回目の忘年会。
終電までと決めていた。
が、自宅に着いたのは午前3時。

酔いがかなりひどい
夜中3時の奇麗な月を写真で撮りましたが
手ブレがリアル・・・
posted by タツ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事

2008年12月09日

急場しのぎ

photo-57.jpg

知り合いの会社は12月10日に
「SaaS World 2008」に出店することになった。

が、事業をそれなりに育てて来たのだが
傍目から見たサイトは"なんとかしないと"
と、思えた状況。

"何とかしよう"と申し出たところ
短時間(約4日間)で奮発し、作り替えた。
今日にリリースした。

因に報酬はゼロです。
posted by タツ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の部屋

2008年12月08日

お出かけ-MTG

12月の某日。晴れた日。
早めに現地につき、喫茶店でコーヒーを飲みながら、窓越しで外を眺める。
いつものパターンですが、MTGの前にはこれで落ち着かせる。

道路(銀中通り)の向側にある"新橋演舞場"の前に、先ほど喫茶店で騒がした
濃い化粧が施された一団のお年寄りが群がっている。

しかし、ここに初めて来たのは
今年の花粉症季節で、マスクをしていたのを思い出し、
その後、30代の"ワンマン社長"のご都合で延ばしに延ばされ
すっかり仕事している感覚が薄れた今頃に・・・
posted by タツ at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事の部屋

2008年12月01日

こんな小物

photo-50.jpg

この季節に、さりげなくプレゼントしてもいいモノかな...
「巻物USBハブ+マウスパッド+スピーカー」
"...4ポート USBハブ、左右の端がスピーカー、ヘッドホン端子と外部音声入力端子を備えた製品です。だめ押しに本体に巻きとれるマウスパッドつき。"

作りの仕上げは多少粗末に見えるのが気になりますが・・・
posted by タツ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるアイテム

2008年11月29日

セレブーの30代

photo-49.jpg

会社勤めの時期に下請け会社のM.K氏はズカズカと仕事場に現れ
"へいへい、よろしく"と名刺を交換したが
忙しさに溺れすっかり忘れていた。

その後仕事の都合で人選を探したところ、M.K氏を薦められ
不安感が持ちながら、仕事をお願いした。
が、結果は大変満足する出来だったし、対応も丁寧そのもの。
"これは、是非打ち上げの席を設けよう・・・"の仕切りとなった。

当時20代後半のM.K氏はDTPからデザインスタートし
以来Webデザイン、コーティング、企画、営業。プラスアルコールの強さ・・・・
まさに、時代の象徴"セレブー"ではなく、"次世代クリエイターのカタチ"に思えた。

その後M.K氏会社をやめ、フリーに転向した。
以来、タイミングがあえば
池袋、新宿、渋谷、恵比寿、新橋、有楽町、秋葉原へと
飲みながら、"デザインは何ぞや"やら
"デジタルの支配はいつまで続く"やらで、話が盛り上げ、
ビル、ワイン、焼酎、日本酒のアルコール類から、水にかわり
話題はもてる男の"遊び"にかわっていた、気がつけば朝の時間になっていた。

仕事の以外にmixiでサイバーな交遊に興じ
ここ最近、"ネットでの知り合い"をリアルな世界に呼び込み、
新たな"仲間結成"を実験し
着々と可能性を掘り、時代の脈動を乗りこなしている。
posted by タツ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 人々・ 付き合い

2008年11月28日

年末モットー?

最近転職した25歳の若造からの誘いで
秋葉に待ち合わせ、飲んでいた。

席上で彼に転職の経緯を聞き、彼は
"前の会社では、尊敬ができ、いろいろと教えてもらえる先輩がいなく
頑張って売上が上げでも、結局、他人は開拓した畑で
歳を取ってゆくと思うと、その都度空しくなる。"云々

なるほど、25歳にしては、しっかりしている。と密かに思う。
さらに近況の感触を訪ねると
"...いまの会社にいる31歳の上司にあたる人は
クライアントを大事にするよりは、クリエイターが大事にすべき..."

しかし、今時にしては、素晴らしい助言だ
と、感心しながら
ビル、ボジョレー、大好きなホッケー焼き・・・
"今年の良い感じで、年末を迎えられそう。"と
久々救われた気分に浸っていた。
posted by タツ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事

2008年11月26日

センスなき注文

photo-48.jpg

"ありがとうございました。
xxxの色を変えるという指示も
出していたのですが、こちらはxさんのほうで
変えないほうがいいということになったのでしょうか??

デザインの好みもあるかとは思いますが、
指示もありますので、
もし指示通りに直せない場合は、
お送りいただく前に一言いただけると嬉しいかな・・と思います。"

と、この間の仕事に返って来た代理店の若い子からの返事の略。
うん、筋が通ってるし、妙に丁寧。
"送る前に一言"かっ。気になる言葉遣いだ。

が、"指示色"とは(全体のカラートーン無視し)
派手なピンクと蛍光色の緑を使って目立たせたいとのこと。
一瞬幼稚園のお子様と仕事しているのか? の錯覚さえが覚える。

はいはい、"指示色"通りでやれば、確かに目立つ。死体が生き返ったように...
うんうん、しかし、妥協できるセンスの限度に超え、制作者の感性と自覚に傷がつく。
へいへい、"xさんのほうで"変えないほうがいいと判断した。

しかし、改めない"センスなき注文"は、普遍性までを与えたと勘違いしているものは
"win、win"の結果が迎えて来られるだろうか。
まあ、政治家たる議員様のメールでは
一国の総理大臣のこと"...アホタロウ..."と呼ぶくらいの時代ですから
情けない気持ちが少しは収まるが・・・

進んだgoogleの理念を送る(年寄りには理解しにくいかも・・・)
これ以外に確かにもう一つのビジネス哲学がある
"邪魔にならない"。(ビル・ゲイツとは違う)
あぁっ、ストレートビューに文句をつけたものは論外。です。
posted by タツ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の部屋

2008年11月25日

踏んばり屋

80年代のバブル期に写真植字屋を経営し、夜遊びに更けていた。
その名残は今も彼のファションセンスに滲み出る。
----何げに今時のサングラスをかけては流行にあわせたりする
僕にとっては、時代の縦軸のような存在-----中肉中背のS氏。

時は90年代前半に差し掛かって、"デジタル文字"は業界の主流になるのを見て
彼は写植業を畳んで、バソコンを手に入れ、華麗にDTPデザイナーに変身した。
(同時期にパソコンにシフトしていなかった多くの素晴らしいデザイナーはそのまま、
時代に捨てられていきましたが...)

"君のデザインはインチキだよ"、
"大体君は余計なことするから、デザインは良くならないんだよ"
は、彼と飲みの席にかけた言葉の定番。
"絶対お前のデザインを超えてやるよ"。と、彼は白髪まじりの頭を振りながら
強い口調で言った捨て言葉。

その後は和やかに飲み続き
気持ちが良く酔うと隣の席にいる子に色目を使い始め、
相手にされないとそのまま寝込んでしまう。
・・・いつ? どうやって横浜より以南にある自宅に戻ったかを
誰も知らない。

90年代後半にWebの仕事の割合が多く占めるようになって来ると
彼はWebデザインとコーティングにチカラを入れ始め
知らぬ間に仕上がりの奇麗さにびっくりし、
"あのトシにしては・・・"と仲間内は密かに感心させている。

彼は現在60代の手前
羽ばたくのには、目が悪くなり、アルコールも控え目にし
記憶力も落ちているとか。気の強さは相変わらずだ
ただいま、インストラクターを勤め
"孤独の若者"に"パソコンでデザインする"のを教えている。
posted by タツ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 人々・ 付き合い

2008年11月21日

場外乱入

photo-47.jpg

飲みの席で、"今時の代理店とクライアントの若者が・・・"
のハナシで始まる時がある。(世代間の睨み合いに聞こえる。)

"が、ハイテックは苦手でも、業界における"経験からの先読み"が
すべて死んだ訳ではない。
"先読み"から得られたのは"切り替えの速さ"と"焦り対策"の余裕だったりする。
なんせ、生身の人間対人間であるかぎり、"睨み合い"が避けては通れないし
美味しいアルコールにも申し訳ない・・・"
のように"自虐的な"ハナシで結論付けして
大体の場合は気持ちが収まる。

時々"今時の代理店とクライアントの若者が"に出会えると、
立場的に"聞く耳"さえ持てば良いと、自覚の上だが
ハナシを聞いて行くうちに、笑いを堪え
"遊んでやろう"と決め込んで対応せざる得ない心構えへとシフト。

結果、いい気分になれない。
うん、高価のワインに安いお酢で割ったような・・・
posted by タツ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の部屋

2008年11月14日

癒しのインコ

photo-46.jpg

仕事をしていると、隣の部屋にいるインコのモモがモニターの上に飛んで来
マウスの動きにあわせて、頭180°回転しながらポインターを追う。

見ていると癒しになるが、鳴き出すと仕事を集中できなくなる。
仕方がなく、隣の部屋へ追い返し、引き戸をこちらが見えない程度締めた。

ところで、彼女は2回直線でリビングに飛んで偵察?した後、
3回目は"U"字を書いて、再びモニターの上に着地し、自慢げにこちらを見つめる。
動物の学習力に思わず笑ったしまった。
posted by タツ at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事